川は深夜1時と言うのに見物のボートで大混雑です。どのボートからも大きな歓声が聞こえます、超盛り上がってます。

DSCF_X-E1_09509.jpg

W杯メキシコやエジプトのサポーターが大勢乗った賑やかな船もいます、猛スピードで暴走する船も、ちょっと危なっかしいですね。

DSCF_X-E1_09513.jpg

道路にも大勢の見物客が居ます、まるでお祭りか花火大会のような雰囲気です。

DSCF_X-E1_09515.jpg

この理由がようやくわかりました、深夜1時過ぎに橋の下を貨物船が通れるようにライトアップされた橋が跳ね上がるのです、特に有名なのが宮殿橋とトロイツキー橋。

DSCF_X-E1_09518.jpg

まず車を通行止めにして、それから音楽が鳴り響き、ようやく橋が跳ね上がってきます、廻りからはもの凄い歓声です。

DSCF_X-E1_09519.jpg

跳ね上げまでは1分程度、あっという間の出来事です。

DSCF_X-E1_09520.jpg

これを見るためにみんな盛り上がっていたのだな~、でも外は風が強く激寒、毛布を羽織りながら見物しました。

DSCF_X-E1_09522.jpg

この激寒ですっかり風邪をひいてしまいました、そのせいで6月月例会は欠席、トホホです。 これでサンクトペテルスブルグ編終了です。


[PR]
by 25midnight_chase | 2018-08-14 21:52 | X-E1 | Comments(0)

エルミタージュを見た後は宮殿広場付近をぶらり散歩します。

DSCF_X-E1_09473.jpg

この日は良い天気でかなり暑かったです、汗をかきました。

DSCF_X-E1_09481.jpg

ホテルに戻った後は仕事をすまし、みんなで夕食、そして12時前から待望のナイトクルーズに出かけます。

DSCF_X-E1_09482.jpg

このナイトクルーズはエルミタージュと並ぶ今回の目玉とのことでみんな期待していました。

DSCF_X-E1_09486.jpg

百夜を楽しむとも言ってましたが、12時は普通に真っ暗です。なにやら風も出てきて結構冷え込んできます。

DSCF_X-E1_09493.jpg

ナイトクルーズには2時間ほどかかります。なんで深夜の12時に出発するのかと思ってましたが、それは理由があったのでした。

DSCF_X-E1_09495.jpg

その理由は次回に書きたいと思います。サンクトペテルスブルグでは短い夏の大イベントなんですね。

DSCF_X-E1_09497.jpg

その4(最終編)に続きます。


[PR]
by 25midnight_chase | 2018-08-07 23:41 | X-E1 | Comments(0)

いよいよ、エルミタージュに入ります。中の撮影はフラッシュを使わない限り何でもOKということで有り難いです。

DSCF_X-E1_09438.jpg

エルミタージュ宮殿はもともとエカチェリーナ2世の住居、彼女がベルリンの商人からから絵画コレクションを買い取ったのが美術品収集の始まりだそうです。

DSCF_X-E1_09440.jpg

またエルミタージュとはフランス語で隠れ家と言う意味とか。

DSCF_X-E1_09443.jpg

数多くの素晴らしい美術品が展示されています。高校時代の美術の教科書で見たような。

DSCF_X-E1_09452.jpg

これはしっかり予習をしておくべきでした、こんな貸し切り状態で見れたわけですから。

DSCF_X-E1_09454.jpg

一緒に行ったロシア人達もガイドの説明に食いついていました、彼らにとっても貴重な経験なんでしょう。

DSCF_X-E1_09455.jpg

それにしてもガイドさんの豊富な知識と日本語の上手さには驚くばかりです。

DSCF_X-E1_09457.jpg

国の歴史を語るというプライドと風格を感じます。

DSCF_X-E1_09460.jpg

あっという間の2時間でした。休館日でもツアーをアレンジしてくれたお客様に繰り返し感謝です。

DSCF_X-E1_09461.jpg

この後は仕事関連のMTGをし、夜はボートツアーに出かける予定。

DSCF_X-E1_09462.jpg
[PR]
by 25midnight_chase | 2018-07-27 23:18 | X-E1 | Comments(0)

ヘルシンキ経由サンクトペテルスブルグには18時過ぎに到着、成田を出てちょうど13時間です。

DSCF_X-E1_09406.jpg

次の日は暑い位の良い天気でした。仕事は午後からミーティングすることとなり、午前中は市内観光に出かけることに。

DSCF_X-E1_09411.jpg

この日は月曜日でエルミタージュ美術館は本来休館日、従い見学は諦めていたのですが、なんと休館日でも申請すれば特別に入れるとか。

DSCF_X-E1_09416.jpg

諦めていただけにテンションがあがります。もちろん特別な費用が掛かるのでしょうが、アレンジしてくれたロシア取引先に感謝、感謝です。

DSCF_X-E1_09420.jpg

同じような中国人の観光客が居ましたが、一般のお客さんは居ないので、エルミタージュをゆっくり見ることができます。

DSCF_X-E1_09426.jpg

普通の日なら大勢の観光客で溢れかえっているとのことですが、ホントにラッキーです。

DSCF_X-E1_09427.jpg

日本語のガイドも素晴らしい、エルミタージュのガイドは国家試験とか、この資格を取るのはかなり大変なようです。

DSCF_X-E1_09433.jpg

ここエルミタージュ美術館には300万点を越える所蔵物があり、全部見るには10数年かかるとか、今回は有名どころを選んで頂き、約2時間のツアーです。

DSCF_X-E1_09436.jpg

当方、こういう分野はホント弱い、もっと事前に勉強しておくべきでした。

DSCF_X-E1_09437.jpg

しばらくサンクトペテルスブルグ編が続きます。


[PR]
by 25midnight_chase | 2018-07-16 00:36 | X-E1 | Comments(0)

 8月末にバンコクに出張に行った際、Navatanee Golf Course(ナワタニ)でプレーをしてきました。

DSCF_X-E1_08633.jpg

 10時過ぎにスタート、前には誰もおらず、我々もツーサムだったので、さくっと3時間半ほどで廻ってきました。

DSCF_X-E1_08638.jpg

 クラブは友人からゼクシオのセットを借りました。やはりゼクシオは振りやすいなぁ~と最初は調子良かったのですが、名物ホールの6番でつまづきました。

DSCF_X-E1_08637.jpg

 キャディーさんが名物ホールだよと言ってくれましたが、レイアウトをあまり気にせずティーショットを打ってしまったところ、大きく右の林にプッシュアウト。

DSCF_X-E1_08639.jpg

 前に行ってから改めてレイアウトをよく見ると、クリークを横切ってピンははるか先なんですね。結局クリークにも打ち込んでしまうなど大トラブル、これで調子が狂ってしまいました。

DSCF_X-E1_08640.jpg

 その後は取り戻そうと気負ってしまいミスショットの嵐、、軽いゼクシオを振り回しては当たりませんよね。

DSCF_X-E1_08642.jpg

 結局最後まで調子を取り戻せず103も叩いてしまいました。

DSCF_X-E1_08643.jpg

 初めてのコースと貸しクラブであることを割り引いても、納得できるプレーはできませんでした。旅先でのゴルフってやはり難しいです。
[PR]
by 25midnight_chase | 2017-10-01 21:08 | X-E1 | Comments(0)

 ザルツブルグでの観光の最終編です。

DSCF_X-E1_08407.jpg

 ケーブルカーに乗り込み、ホーエンザルツブルク城に向かいます。

DSCF_X-E1_08414.jpg

 歩いても行けるみたいですがこの暑さではとても無理ですね。

DSCF_X-E1_08416.jpg

 城塞は長い歴史の中で色んな戦いを経てきたんでしょうね、歴史の重みを感じます。

DSCF_X-E1_08420.jpg

 展望台は風が心地よいです、眺めも抜群。

DSCF_X-E1_08423.jpg

 城塞ではミニコンサートを聞いたりしてのんびり過ごします。

DSCF_X-E1_08424.jpg

 下山した後は馬車にて移動します。馬車に乗るなんて小学生以来かも。

DSCF_X-E1_08437.jpg

 馬車に乗って向かった先はヘルブルン宮殿、水のきれいな庭園でした。

DSCF_X-E1_08441.jpg

 これでこの日のツアーは終了、みんなで夕食を食べた後、バスでウィーンまで戻りますが、着いたら23時半でした、疲れました。
[PR]
by 25midnight_chase | 2017-07-17 00:52 | X-E1 | Comments(0)

 ザルツブルグ観光の第二弾です。

DSCF_X-E1_08383.jpg

 橋を渡って旧市街に入ります。色んなお店が並ぶ商店街。

DSCF_X-E1_08385.jpg

 モーツアルトの生家に入ります、狭い階段を上っていきますが大勢の人で大混雑です。

DSCF_X-E1_08386.jpg 

中は撮影禁止とか、部屋から旧市街を除いたところ。

DSCF_X-E1_08393.jpg

 レジデンツ広場で一服します、それにしてもこの日は暑い日でした。

DSCF_X-E1_08395.jpg

 これがらケーブルカーに乗ってホーエンザルツブルク城塞に向かいます。

DSCF_X-E1_08402.jpg

 ところで先日、グレンオークスでのコンペでやっと自己新を更新できました。42/44 合計86、パットはなんと33パットで抑えることができました。寄せからのワンパットでずいぶん救われたと思います。

DSCF_X-E1_08405.jpg
[PR]
by 25midnight_chase | 2017-07-09 18:46 | X-E1 | Comments(0)

 昼に羽田空港を出発、ミュンヘン経由ウィーンに到着したのは現地時間で夜の21時。

DSCF_X-E1_08348.jpg

 日本時間に直すと朝の4時、およそ15時間かかりました、長旅です。

DSCF_X-E1_08354.jpg

 次の日は朝から電車でザルツブルグに移動、この日はザルツブルグ観光です。

DSCF_X-E1_08362.jpg

 ザルツブルグと言えばモーツアルトが有名ですが、指揮者のカラヤンや物理学者のドップラーなども生まれた街としてよく知られているとか。

DSCF_X-E1_08367.jpg

 下の写真はカラヤンの生家です、銅像はもちろんカラヤン。

DSCF_X-E1_08368.jpg

 シュターツ橋を渡って旧市街に向かいます。

DSCF_X-E1_08372.jpg

 この橋の金網には何故か南京錠が一杯ぶら下がっています。何かのおまじないなのでしょうか。

DSCF_X-E1_08378.jpg

 その2に続きます。
[PR]
by 25midnight_chase | 2017-07-01 23:42 | X-E1 | Comments(0)

X-E1 小松から名古屋へ

 石川県の小松に出張に来ました、羽田空港から1時間。北陸新幹線ができて小松空港を使う人は減ったかなと思ってましたが満員でした。

DSCF_X-E1_07944.jpg

 この日は暖かくて良い天気です。

DSCF_X-E1_07943.jpg

 小松でひと仕事をした後、この日は名古屋へ向かいます。小松駅はまだ有人改札でしたが、もう自動改札の機械が据え付けられていました。

DSCF_X-E1_07947.jpg

 この女性は改札と列車案内のアナウンスまでこなしていましたが、今後はどうするのかな。

DSCF_X-E1_07957.jpg

 小松駅からしらさぎ号に乗ります。名古屋まで2時間40分ほど、結構遠い。

DSCF_X-E1_07960.jpg

 途中敦賀を過ぎたあたりからすっかり雪景色でした。

DSCF_X-E1_07962.jpg

 今日のゴルフはホームコースのバックから廻って、IN 47 OUT 46とまあまあ満足できる結果でした。

DSCF_X-E1_07963.jpg

 パターはピンに戻しましたが、37パットと当方にしては上出来です。今日はアプローチが安定していました、やっぱりラウンドの積み重ねがが一番の練習ですね。
[PR]
by 25midnight_chase | 2017-03-05 19:30 | X-E1 | Comments(0)

X-E1  ポーランド出張編

 ソフィアからフランクフルトを経由してポーランドのヴロツワフという街に向かいます。

DSCF_X-E1_07460.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/80 F5.0 ISO1600

 歴史ある街のようですね。最後の晩に一緒に出張に行った仲間たちと旧市街で食事をしました。

DSCF_X-E1_07459.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/170 F5.0 ISO1600

 食事を終えて外に出ると、綺麗な街並みがライトアップされています。

DSCF_X-E1_07471.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/40 F2.8 ISO3200

 ちょうど金曜日の夜だったので、大勢の人達が夜の街を楽しんでいます。

DSCF_X-E1_07473.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/40 F2.8 ISO3200

 昼間は暑いくらいだったのですが、夜は涼しいです。怪しい呼びかけもあったりしてなかなか楽しい散歩でした。

DSCF_X-E1_07468.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/140 F2.8 ISO3200

 ここヴロツワフは日本メーカーの工場も多いとか、またゆっくり訪れてみたい街ですね。

DSCF_X-E1_07475.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/60 F3.6ISO3200

 先週はホームコースの月例でした。前半43と良かったのですが、後半はまたしても49と乱れてしまいました。

DSCF_X-E1_07478.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/13 F3.6 ISO3200

 この日は暑かったし、久しぶりに歩いてのラウンドだったことも影響していると思います、体力不足ですね。

DSCF_X-E1_07479.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/75 F3.6 ISO3200

 後半14番、15番あたりは本当に辛かったです、夏だからさぼっていては駄目ですね、もっと体力強化しないと。

DSCF_X-E1_07482.jpg
FujiFilm X-E1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 1/70 F3.6 ISO3200

これで出張編は終わりです。
[PR]
by 25midnight_chase | 2016-10-02 00:22 | X-E1 | Comments(0)

気ままに撮ったPhotoをこっそり夜中に公開します。 25midnight_chase@excite.co.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30